誤入力があった場合に備えて、3ワードアドレスの送信者と受信者の両者が間違いを見つけて訂正できるように最適化されています。what3wordsのAutoSuggest システムでは、3ワードアドレスのスペルミスや誤入力、読み上げエラー、聞き間違い、そして覚え違いなどによるエラーを検出します。

通常、同じような3ワードアドレスの位置はお互いから遠く離れた場所に配置されており、現在地に近いものが優先して提案されるので、間違いを回避できます。その点、通常の住所は似たような発音の住所同士が近距離に存在することもよくあるため、非常に紛らわしいものです。間違いに気づき、正しい住所を見つけるまでに時間がかかってしまった、という経験が誰しもあるのではないでしょうか。

AutoSuggestシステムは、ウェブサイトまたはアプリやパートナーのアプリに採用されています。3ワードアドレスを入力し始めると、AutoSuggestシステムによる候補が自動的に表示されるので、常に正しいアドレスを選択することができます。

類似した単語の組み合わせはどのように扱われているのかについて、詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

Did this answer your question?